健康用語WEB事典

卵白障害(egg white injury)

卵白に含まれているアビジンによるビオチンの吸収阻害と、それによって起こる健康障害こと。

実験動物においては生卵白を多量に与えると、皮膚炎脱毛などの特徴的な症状が引き起こされる。*1

*1厚生労働科学研究費補助金(循環器疾患等生活習慣病対策総合研究事業)日本人の食事摂取基準(栄養所要量)の策定に関する基礎的研究 平成16年度~18年度 総合研究報告書 主任研究者 柴田克己: 成人におけるビオチンの目安量についての検討http://www.shc.usp.ac.jp/shibata/H16-18.I-08.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


卵白障害に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-01-06 (月) 12:40:18