健康用語WEB事典

卵黄(egg yolk)

鶏卵の黄身。その色と成分は鶏が食べる餌によって変化する。例えば、白米で育てた鶏の卵の卵黄は真っ白である。*1

卵黄は水分50%、脂質30%、タンパク質15%であり、脂質はほとんどリポタンパク質として存在している。脂質の内容は、中性脂肪が65~70%、リン脂質25~30%、およびコレステロール5%から成り立っている。*2

*1【卵の色】と栄養の関係 - 東京の調理師学校・調理師専門学校|日本調理アカデミーで調理師免許取得: http://www.nihon-chouri.ac.jp/glossary/egg/
*2レシチン: http://mcm-www.jwu.ac.jp/~physm/buturi01/eki01/23myelin.htm

ご意見・ご要望をお聞かせください。


卵黄に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:09:01