原油(crude oil)

炭素数4~40程度の炭化水素の混合物。*1

原油の分留(石油精製)によって、LPガスガソリン?、ジェット燃料、灯油軽油重油?、潤滑油、アスファルト?ナフサなどの各種石油製品となる。*2

石油精製による生成物*3*4

温度や炭素数は文献によって若干異なる。

温度(℃)生成物用途炭素数
〜30LPガスガスレンジ、タクシー燃料1〜4
30〜180ガソリン?ナフサ自動車燃料、化学製品原料5〜10
170〜250灯油、ジェット燃料油暖房、ジェットエンジン燃料10〜14
240〜350軽油自動車燃料14〜18
重油?アスファルト?船舶燃料、発電所燃料18〜
*1神戸大学大学院理学研究科化学専攻 津田明彦 分子を創る・操る・科学する: http://www.sci.kobe-u.ac.jp/old/seminar/pdf/2009_tsuda.pdf
*2和歌山大学 化石燃料、エネルギー問題: http://www.wakayama-u.ac.jp/~nkimura/lecture1/fuel.pdf
*3舞鶴工業高等専門学校 建設システム工学科 燃料と燃焼: http://www.maizuru-ct.ac.jp/civil/shikura/kankyo/Chap3up.pdf
*4数研出版 フォトサイエンス化学図録

原油に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-08-18 (土) 08:57:05