原発性胆汁性胆管炎(primary biliary cholangitis : PBC)

胆管自己免疫によって破壊され、胆汁肝臓内に鬱滞するために胆汁中のビリルビン血管内に逆流して全身の組織に沈着する慢性肝疾患。50〜60歳の中年以降の女性に多い。*1

自覚症状が現れる場合には皮膚痒み黄疸食道静脈瘤腹水肝性脳症などがある。

進行すると肝硬変となる。

*1原発性胆汁性胆管炎(PBC)|慶應義塾大学病院 KOMPAS: http://kompas.hosp.keio.ac.jp/contents/000795.html

原発性胆汁性胆管炎に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-08-14 (火) 16:03:53