健康用語WEB事典

反復性過眠症(recurrent hypersomnia)

過眠症のひとつ。思春期に好発し、数日間から2週間程度傾眠状態が続くが、症状が出ない期間は平常に戻る。クライン・レビン症候群とも。*1

食欲亢進や性欲亢進を伴う場合がある。男女比は約2対1と男性に多い。炭酸リチウムによる治療が奏功した例が報告されている。*2

タグ: 過眠症 傾眠 炭酸リチウム 疾患

*1KAKEN — 研究課題をさがす | 髄液ヒスタミン値を用いた過眠症の診断確立と反復性過眠症での視床下部蛋白の原因検索 (KAKENHI-PROJECT-21591501): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-21591501/
*2炭酸リチウムが奏効した反復性過眠症の1例: https://www.jstage.jst.go.jp/article/clinicalneurol/50/10/50_10_700/_article/-char/ja/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


反復性過眠症に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




このページの最終更新日時: 2021-07-20 (火) 16:40:51