反跳現象(rebound)

ある医薬品の使用を中断することで、服用前よりも症状が強くなる現象。中断によって投薬前と異なる症状が現れる場合は禁断症状離脱症状退薬症状)と呼ばれる。*1

*1千葉大学医学部附属病院 薬剤部 築地茉莉子 睡眠薬の適正使用とベンゾジアゼピン系薬の減量方法: https://www.ho.chiba-u.ac.jp/pharmacy/No16_sotsugo1_0421.pdf

反跳現象に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-08-17 (土) 09:20:21