古典的樹状細胞(conventional DC : cDC)

樹状細胞の分類のひとつ。定常時に存在して樹状突起を持ち抗原を捕獲・提示する一般的な樹状細胞通常型樹状細胞従来型樹状細胞とも。*1*2

さらに、二次リンパ器官胸腺に常在するか、抗原を捕獲後に遊走して二次リンパ器官に移動するかにより分けられ、それぞれリンパ組織常在樹状細胞?(lymphoid tissue resident DC)および移住性樹状細胞?(migratory DC)と呼ばれる。*3

*1樹状細胞サブセットと機能 宮崎大学医学部医学科感染症学講座免疫学分野 佐藤克明: https://www.jstage.jst.go.jp/article/arerugi/65/1/65_11/_pdf
*2共同発表:免疫の司令塔、樹状細胞の源となる細胞を発見~ワクチン開発や自己免疫病治療に新たな視点~: https://www.jst.go.jp/pr/announce/20130426/index.html
*3接触皮膚炎と樹状細胞の最新知見 椛島健治: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsci/33/4/33_4_174/_pdf

古典的樹状細胞に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-08-02 (木) 17:01:24