健康用語WEB事典

味覚野(gustatory area)

味覚の認知を行うの領野。大脳皮質における、中大脳動脈前後の島皮質不全顆粒皮質?顆粒皮質?)に相当する。*1*2

第一次味覚野は味の質や強さを認識し、第二次味覚野は味の嗜好性を認識する領域とされる。*3

*1「辛味」認知が大脳島皮質の自律機能を賦活化するメカニズムを発見 ―辛いものを食べると体がホットになる現象には脳も関係していた― — 大阪大学: http://www.osaka-u.ac.jp/ja/news/ResearchRelease/2012/10/20121017_1
*2島皮質における口腔感覚情報の統合的理解 エビデンスに基づいた治療法の開発に向けて 小林真之 日本大学歯学部薬理学講座 日本大学歯学部総合歯学研究所顎口腔機能研究部門: http://www2.dent.nihon-u.ac.jp/nusdj/zasshi/92-2/%EF%BD%9057-60.pdf
*3functional MRIによるヒト第一次味覚野の機能局在解析 : 刺激装置の開発 - 九大コレクション | 九州大学附属図書館: https://catalog.lib.kyushu-u.ac.jp/opac_detail_md/?lang=0&amode=MD823&bibid=14242

ご意見・ご要望をお聞かせください。


味覚野に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-11-01 (金) 09:06:48