咽頭弓(pharyngeal arch)

胎児期頭頚部に一時的に複数現れる組織妊娠4週初め頃の胎児に現れる隆起性の構造体。胸腺副甲状腺などの咽頭に形成される器官の一部と心臓の一部である流出路やそれに繋がる大動脈系の元となる組織鰓弓とも。*1*2

咽頭弓からの器官の形成にはTBX1?が重要であり、この異常はディジョージ症候群の原因となる。

咽頭弓の種類*3

*1基礎生物学研究所プレスリリース 心臓や動脈系、胸腺、副甲状腺などの形成に不可欠な遺伝子を新たに発見: http://www.nibb.ac.jp/press/101224/101224.html
*2日本形成外科学会 > 会員の方へ > 形成外科で扱う疾患 > その他の先天異常 > 第1・第2鰓弓症候群: http://www.jsprs.or.jp/member/disease/congenital_anomaly/congenital_anomaly_10.html
*3医学系研究科附属創⽣応⽤医学研究センター⻑ 脳神経科学コアセンター⻑ 発⽣発達神経科学分野教授 ⼤隅典⼦ 医学部発⽣学(19)第16章: http://www.dev-neurobio.med.tohoku.ac.jp/students/lecture/pdf/med_dev/2016/med_dev_2016_19.pdf

咽頭弓に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-01-11 (金) 09:36:53