咽頭結膜熱(pharyngeal conjunctival fever)

アデノウイルス感染症アデノウイルス3型が主な原因となる。2型、4型、7型、11型なども原因となり得る。*1*2

5~7日の潜伏期間の後に高熱痛み咽頭炎)、充血痛み結膜炎)、眼脂頭痛食欲不振、全身倦怠感などが現れる。7~8月に多く、プールでの感染が多くみられることからプール熱とも。*3

治療薬はなく対症療法のみ。基本的には一週間程度で自然に治る。

*1三重大学医学部附属病院 感染対策チーム 咽頭結膜熱: http://www.medic.mie-u.ac.jp/ict/4-35.html
*2健康保健ニュースNo.12「咽頭結膜熱(プール熱)が流行しています!|TOPICS|お知らせ|神戸常盤大学: http://www.kobe-tokiwa.ac.jp/univ/news/topics/post_129.html
*3NPO法人こども医療ネットワーク会員 霧島市立医師会医療センター小児科 真砂州宏 咽頭結膜熱(プール熱): http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~ped/kodomoiryo/05.first%20aid%20kit/kodomokyukyu6.htm

咽頭結膜熱に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-11-09 (土) 15:36:40