健康用語WEB事典

嗅細胞(olfactory cell)

嗅覚受容体を持つ、匂いの感知に特化した神経細胞嗅部嗅上皮を構成する細胞のひとつ。細胞核のある細胞体嗅粘膜の深層にあり、上方に突起、下方に軸索(嗅神経線維)を出す双極細胞。十数本の樹状突起嗅毛)を鼻腔に突出させる。*1*2

ひとつの嗅細胞は1つの嗅覚受容体のみを持つ。一本の枝分かれがない軸索を持つため、一つの嗅球糸球のみに情報を伝達できる。*3

細胞が受け取った嗅覚情報は嗅球を介して嗅皮質に送られる。

*1神戸大学附属図書館 デジタルアーカイブ 【 学内研究成果 】呼吸器系: http://www.lib.kobe-u.ac.jp/products/jintai1/T014.pdf
*2嗅細胞の働き 筑波大学生物科学系 渋谷達明 松崎治: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjspe1933/47/9/47_9_1069/_pdf
*3哺乳類の匂いに対する好き嫌いは先天的に決まっていた - プレスリリース - 東京大学 大学院理学系研究科・理学部: https://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/press/2007/24.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


嗅細胞に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-05-06 (水) 12:47:05