四日熱マラリア(quartan fever malaria)

熱帯地域全域に存在するマラリア。患者数は比較的少ないとされる。

潜伏期間が18〜40日とマラリアの中では長い。解熱時に体温が35℃以下に下降して虚脱状態に陥ることや、感染が長期間持続した場合はネフローゼ症候群を併発する恐れがある。*1*2

*1日本寄生虫学会 マラリア概説: http://jsp.tm.nagasaki-u.ac.jp/wp-content/uploads/2015/12/overview.pdf
*2東京医科歯科大学 包括病理学 マラリア治療の手引き「寄生虫症薬物治療の手引き」改訂5・5版から抜粋: http://www.tmd.ac.jp/med/mzoo/jsp/malariaCompanion.htm

四日熱マラリアに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-06-07 (木) 14:58:21