健康用語WEB事典

圧受容器(baroreceptor)

圧力の変化を感知する受容器動脈に存在する圧受容器(動脈圧受容器)は血管壁の伸展によって信号を発し、圧受容器反射に関わる。*1

総頚動脈から内頚動脈が分枝した直後の頚動脈洞という部位と、左心室からでた直後に大動脈が大きく湾曲している大動脈弓の部位に圧受容器 baroreceptor が存在します。これらの部位から循環中枢に向かう求心性神経動脈血圧が上昇すると興奮し、低下すると興奮を停止します。*2

*1新規 神経性圧反射感度測定装置 医療人育成センター 心理学教室 加藤有一: https://web.sapmed.ac.jp/jp/news/topics/03bqho00001ybfih-att/03bqho00001ybfj5.pdf
*2東邦大学 薬学部薬物学教室 田中光 行方衣由紀 濵口正悟 血管平滑筋と血圧の制御 心筋-バーチャルラボラトリ: https://www.mnc.toho-u.ac.jp/v-lab/shinkin/circulatory/circl-3-1.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


圧受容器に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-06-11 (火) 09:20:04