基質

酵素における基質(substrate)

酵素が作用する物質のこと。また、受容体に結合する物質(リガンド)を指す場合もある。*1

酵素は基質と認識した物質にしか作用しない(基質特異性)。例えば、消化酵素であるアミラーゼの基質はデンプンである。

基質は酵素の表面にある特定の部位(活性中心活性部位と呼ばれる)に結合し、酵素-基質複合体を作る。*2

細胞構造における基質(matrix)

マトリックスを参照。

*1国立大学法人 大阪教育大学 アミラーゼを題材とした酵素反応の実際 理科教育講座 川村三志夫: http://www.osaka-kyoiku.ac.jp/~cse/2010chukourikakawamura.pdf
*2横浜市立大学医学部 関生シケプリ 物質代謝(metabolism)(1): http://plaza.umin.ac.jp/ycumed/data/seki_enzyme.pdf

基質に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-05-01 (水) 15:30:02