健康用語WEB事典

塩化カルプロニウム(carpronium chloride)

血管内皮細胞ムスカリン受容体を刺激することによる局所的な血流改善作用を持つ有機化合物

塩化カルプロニウムの化学構造

慢性胃炎弛緩性便秘に対して有効。商品名はアクチナミン*1

円形脱毛症白斑外用療法にも用いられる。商品名はフロジン*2*3

また、歯根膜細胞?硬組織形成細胞?への分化を促進する。*4

*1旭川医科大学病院 [商品名]アクチナミン: http://www.asahikawa-med.ac.jp/hospital/pharmacy/db/medis/1/1231002M1026.html
*2近畿大学医学部附属病院 脱毛症外来: http://www.med.kindai.ac.jp/derma/alopecia.htm
*3近畿大学医学部附属病院 尋常性白斑外来 担当 大磯直毅: http://www.med.kindai.ac.jp/derma/vitiligo.htm
*4KAKEN — 研究課題をさがす | 2012 年度 実施状況報告書 (KAKENHI-PROJECT-24792324): https://kaken.nii.ac.jp/report/KAKENHI-PROJECT-24792324/247923242012hokoku/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


塩化カルプロニウムに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filecarpronium_chloride.png 閲覧数 136回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2018-09-24 (月) 21:06:29