塩基(base)

以下の2つの意味がある。

液性としての塩基

狭義では水に溶けて塩基性アルカリ性)を示す物質の総称。と反応してを作る。

“塩基” に比べ、“アルカリ” という言葉の方が、私たちに馴染みのある言葉だと言えるかもしれません。しかしアルカリよりも、塩基の方が少し広い概念の言葉です。塩基の中で「水に溶けた物」を「アルカリ」といい、その水溶液の性質を「アルカリ性」といいます。塩基は、水に溶けていないものも含んでいます。*2

遺伝情報の核酸塩基(nucleotide base)

DNARNAに必要な、遺伝情報に関わる塩基性有機化合物。特に核酸塩基と呼ばれ、これらは塩基配列を構築する。

*1放送大学:濱田研究室 水と酸・塩基: http://www.campus.ouj.ac.jp/~hamada/TextLib/kk/chap4/Text/Cs900404.html
*2NHK高校講座 | 化学基礎 | 第25回 酸と塩基: https://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/kagakukiso/archive/resume025.html

塩基に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:09:11