健康用語WEB事典

変形性脊椎症(spinal osteoarthritis)

脊椎を構成する軟骨の変形によって、脊椎を通る脊髄を圧迫されて様々な症状が現れる疾患。*1

加齢によって椎間板の弾力が失われることで起こりやすくなるとされる。

椎間板の弾力性がなくなってくると、椎間板に接する椎体の角部分に力が加わっていき、その部分にが増殖し「骨棘(こつきょく)」と呼ばれるトゲのような出っ張りが出来ます。そしてこの出っ張りが神経を刺激したり圧迫したりすることで痛みが引き起こされます。この病気は、朝起きたときや同じ姿勢を長時間とったとき、疲労してくると痛みが増してきます。変形性脊椎症は中年以降に起こる正常な老化現象でもあります。*2

*1脊椎・脊髄外来 -東京女子医科大学東医療センター整形外科-: http://www.twmu.ac.jp/DNH/mce/seikeigeka/sekitui/sekizui.html
*2変形性脊椎症 豊島区 整形外科 望クリニック: http://www.nozomi-clinic-japan.com/y-henkei-sekitui.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


変形性脊椎症に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:09:12