健康用語WEB事典

変性すべり症(degenerative spondylolisthesis)

腰椎すべり症のひとつ。加齢に伴い椎間板椎間関節変性し、椎骨間ですべりが生じる疾患。腰椎では第四腰椎第五腰椎の間によく起こり、女性に多い。*1

すべり部分の神経の通り道が狭くなり、神経が圧迫されて腰痛痛み痺れ、重度では排尿排便に障害が現れる。

*1腰椎すべり症 治療法は |よろず相談|高知大学医学部附属病院ホームページ: https://www.kochi-ms.ac.jp/~hsptl/kouhousi/yorozu/005.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


変性すべり症に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-05-01 (水) 18:31:56