外用ステロイド(topical steroid)

外用薬として使用されるステロイド外用ステロイド剤とも。*1

皮膚に直接作用するため、副作用の多くは塗った患部のみに現れる。?などはステロイドの吸収性が高い。

外用ステロイドの種類

有効成分商品名
プロピオン酸クロベタゾール?デルモベート?
プロピオン酸デキサメタゾン?メサデルム?
吉草酸ジフルコルトロン?ネリゾナ?
アムシノニドビスダーム
酪酸プロピオン酸ヒドロコルチゾン?パンデル?
ジフルプレドナートマイザー
酪酸プロピオン酸ベタメタゾン?アンテベート?
フランカルボン酸モメタゾンフルメタ?
吉草酸ベタメタゾン?トクダーム?
プロピオン酸ベクロメタゾンプロパデルム?
吉草酸酢酸プレドニゾロン?リドメックス?
吉草酸デキサメタゾン?ザルックス?
酪酸クロベタゾン?キンダベート?
酪酸ヒドロコルチゾンロコイド
フルドロキシコルチド?ドレニゾン?
*1東京医科大学病院 薬剤部 お薬のしおり 外用ステロイド剤の正しい使い方: http://hospinfo.tokyo-med.ac.jp/shinryo/yakuzai/data/55.pdf

外用ステロイドに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


このページの最終更新日時: 2019-03-21 (木) 09:18:42