健康用語WEB事典

夜間摂食症候群(night eating syndrome : NES)

概日リズムの乱れによって、総摂取カロリー量の半分以上を夜に摂取する疾患。*1

診断基準は、夜の過食があり、さらに以下の5つのうち3つが当てはまること。*2

  • 翌朝の拒食症
  • 夕食後から入眠時または夜間中途覚醒時の間の強い食欲
  • 一週間に最低4回の不眠症
  • 寝付くために何かを食べなければならないという観念
  • 夕刻に抑うつを感じる

睡眠関連食行動障害?の約半分に合併するとされる。*3

*1科学技術振興機構報第318号 脳内にあった「腹時計」: https://www.jst.go.jp/pr/info/info318/index.html
*2Treatment of Night Eating Syndrome: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3222864/
*3駒田陽子 第165回東京医科大学医学会総会 睡眠関連食行動障害の病態に関する研究: https://tmu.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=9480&item_no=1&page_id=13&block_id=72

ご意見・ご要望をお聞かせください。


夜間摂食症候群に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




このページの最終更新日時: 2018-08-31 (金) 11:13:28