大腸がん(colorectal cancer : CRC)

大腸粘膜表面から発生するがん盲腸上行結腸横行結腸下行結腸S状結腸にできるものを結腸がん直腸にできるものを直腸がんと区別される。直腸がんの方が、血便下痢などの自覚症状が現れやすく、また直腸粘膜が薄いため進行しやすい。*1

先進国において罹患率が高く、日本では女性のがんによる死亡率の一位を占める。早期であれば内視鏡手術?によって根治する割合も高い。

大腸がん発生の原因の多くは、遺伝子変異によるβ-カテニンの異常蓄積にあると考えられている。*2

大腸がん細胞は、グルタミンを取り込んで、生存に必要な物質を産生し、増殖していることが明らかになった。*3

*1新星出版社 図解 あきらめない 放置しない! がん医療 済陽高穂(2015/2/25)
*2大腸がん細胞の増殖を抑制する新たな分子機構を解明 - 国立大学法人 岡山大学: http://www.okayama-u.ac.jp/tp/release/release_id256.html
*3大腸がん細胞はグルタミン代謝を利用して生存する! — リソウ: http://resou.osaka-u.ac.jp/ja/research/2016/20161207_1

大腸がんに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:09:18