大腸上皮幹細胞(colon epithelial stem cells)

大腸上皮を構成する全ての細胞分化する幹細胞

初めに吸収系上皮細胞分泌上皮細胞分化する。後者は杯細胞内分泌細胞タフト細胞など、粘液IL-25?などの消化管ホルモン分泌する能力を持つ細胞であり、ATOH1の働きにより分化する。*1

*1大腸分泌系上皮細胞の可塑性による新たな組織再生・腫瘍発生機構を解明―炎症性腸疾患における粘膜再生治療の開発や腫瘍発生機構の解明に期待― | 国立研究開発法人日本医療研究開発機構: https://www.amed.go.jp/news/release_20171208.html

大腸上皮幹細胞に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-02-15 (金) 19:03:19