健康用語WEB事典

大黄(ダイオウ、Rheum palmatum L)

漢方の一つ。タデ科の多年生草本の根。*1

センノシドAによる下剤作用を持つ。大黄のアントラキノンであるエモジンアロエエモジンにはセンノシドAの代謝を促進する作用があり、センノシドA単体よりも作用が現れやすいとされる。*2

*1昭和大学 ダイオウ: http://www.showa-u.ac.jp/sch/pharm/facilities/mpgarden/plants_ta/daiou.html
*2福山大学薬学部 漢方薬物解析学研究室: http://web.fukuyama-u.ac.jp/pharm/htmls/Labo/labs/KAMPO/kenkyunaiyou.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


大黄に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




このページの最終更新日時: 2018-11-30 (金) 10:50:39