健康用語WEB事典

天然痘(smallpox)

1980年にWHOによって撲滅が宣言された感染症痘瘡痘疱とも。

国内では1955年以降は確認されていない。原因は天然痘ウイルス*1

1798年、種痘が天然痘の予防に効果があることがエドワード・ジェンナーによって報告され、現在のワクチンの先駆けとなった。

牛痘感染たことのある搾り女は天然痘に罹らないという観察にづいて、ジェンナーは病原性が弱い牛痘に罹らせておけば、多くの場合に致命的である天然痘に対して防御能力が高められるのではないか、すなわち天然痘に対して免疫になるのではないかと考えた。そして、牛痘接種した8歳の少年に、その効果を確認するために、いまでは考えられないことだが、天然痘の接種して感染が成立するかどうかを観察した。幸いなことにその少年は発症せず、牛痘接種の効果が確認された。*2

*1PHP研究所 竹内薫 丸山篤史 白くて眠れなくなる遺伝子(2016/1/5)
*2オーム社 絵とき 免疫学の知識 垣内史堂

ご意見・ご要望をお聞かせください。


天然痘に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:09:19