健康用語WEB事典

姉妹染色分体(sister chromatid)

ひとつの染色体を構成する、同じ遺伝情報を持つ2本のDNA鎖のこと。クロマチドとも。

DNA複製の結果生じる、同じゲノム情報をもつ2本のDNAのこと。1本の染色体は1対の姉妹染色分体から成り、姉妹染色分体同士はコヒーシン複合体によって接着されている。*1

細胞が正常に分裂する際には、M期後期に姉妹染色分体が一斉に同期して分離することが必要。これは姉妹染色分体の結合解除を促進する酵素であるセパレースが短期間のうちに活性化されることで行われる。*2

*1遺伝情報分配の仕組みを探るフロンティア 西山朋子 高等研究院特任講師: http://www.bio.nagoya-u.ac.jp/~nishiyama/images/philosophia_Nishiyama.pdf
*2がん研究所 セパレース活性プローブが照らしたセパレースの二つの役割: https://www.jfcr.or.jp/laboratory/pickup/backnumber_002.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


姉妹染色分体に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-04-29 (月) 18:24:03