子宮(uterus, womb)

胎児が発育する場所となる女性の生殖器膀胱直腸の間に存在する。長さ約7cm、幅約4cm、厚さ約2.5cmの洋梨型。重さは約50g。子宮頸の部分でに対して前方90°に傾いている。*1

胎児の部屋となる子宮体の左右に一対の卵管卵巣が存在する。

IL-8IL-17TNF-αIL-23は子宮の収縮に関わる。*2

子宮の構造

出典: 久留米大学解剖学講座 顕微解剖・生体形成部門 女性生殖器系(1) 卵巣・黄体

*1平岡栄養士専門学校 解剖生理学 女性生殖器: http://www.med.kurume-u.ac.jp/med/anat2/ohta/hiraoka/handout/handout09.pdf
*2KAKEN — 研究課題をさがす | 子宮収縮における子宮筋―免疫担当細胞連関・酸化ストレス制御機構の解析 (KAKENHI-PROJECT-24592493): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-24592493/

子宮に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


添付ファイル: filewomb.jpg 閲覧数 21回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-04-30 (火) 16:22:42