子宮筋腫(fibroid)

子宮筋から生じる良性腫瘍エストロゲンによって発育し、生理がある女性の40~60%に見られる。エストロゲン分泌が最も多い30~50代に多くみられ、閉経後は減少傾向にある。悪性腫瘍である子宮肉腫?と区別される。*1*2

症状は貧血。大きくなると膀胱を圧迫したり不妊症流産および早産の原因にもなるとされる。

子宮の内側または外側に飛び出すものや子宮筋内部で成長するものがある。*3

*1子宮筋腫|日本医科大学付属病院: https://www.nms.ac.jp/hosp/section/female/guide/cure005.html
*2子宮筋腫|慶應義塾大学病院 KOMPAS: http://kompas.hosp.keio.ac.jp/contents/000044.html
*3子宮筋腫でお悩みの方│聖マリアンナ医科大学: https://www.marianna-u.ac.jp/newobgyn/patient/007590.html

子宮筋腫に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-10-21 (日) 07:08:25