孤束核(nucleus tractus solitarii : NTS)

脳幹延髄)に存在する神経核延髄孤束核とも。

孤束核の内側部の細胞は多数のニューロペプチドエンケファリンソマトスタチンサブスタンスPコレシストキニンなど)を持つ。

孤束核のGLP-1産生細胞室傍核投射している。これによってCRHネスファチンオキシトシンなどを産生する細胞を活性化することで摂食を抑制していることが示唆されている。*1

迷走神経求心線維は孤束核で終わる。嚥下などの反射に関する情報の処理に関わる。腹部迷走神経からの入力による嘔吐は孤束核を介して誘発されることが示唆されている。*2*3*4

孤束核で発生する一酸化窒素神経伝達物質として働き、脊髄腎臓脾臓循環を調節している事が示唆されている。*5

*1自治医科大学地域医療オープン・ラボ 「脳内 GLP-1 の摂食抑制神経経路を発見」: http://www.jichi.ac.jp/openlab/newsletter/h34_spletter.pdf
*2嚥下を制御する神経機構 山田好秋 新潟大学歯学部口腔生理学講座: https://www.dent.niigata-u.ac.jp/nds/journal/291/r291_yamada.pdf
*3KAKEN — 研究課題をさがす | 延髄内嚥下関連ニューロンの神経機構の解析 (KAKENHI-PROJECT-08771414): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-08771414/
*4川崎医科大学 【嘔吐の中枢神経機構の概略】: http://www.kawasaki-m.ac.jp/physiology/furukawa/Kenkyu.html
*5KAKEN — 研究課題をさがす | 延髄孤束核内のNitric Oxideの脳循環および脊髄循環への役割 (KAKENHI-PROJECT-08670070): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-08670070/

孤束核に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


このページの最終更新日時: 2019-01-22 (火) 08:07:30