健康用語WEB事典

対光反射(pupillary light reflex)

皮質下反射のひとつ。に当たる光の強度によって瞳孔の大きさを変化させる反射瞳孔括約筋の収縮。*1

瞳孔は光が当たると小さくなり、光が離れると大きくなる。この反射が正常に行われない場合はの異常が疑われる。*2

*1慶應義塾大学医学部解剖学教室内 船戸和弥 視神経[II]: http://www.anatomy.med.keio.ac.jp/funatoka/anatomy/cranial/cn2.html
*2朝日ソノラマ 山澤堉宏 人間ドックの検査値がわかる本(1997/9/25)

ご意見・ご要望をお聞かせください。


対光反射に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-06-01 (金) 08:29:42