健康用語WEB事典

小腸上皮細胞(intestinal epithelial cell)

小腸粘膜表面(小腸上皮)を覆い、食品に含まれる物質(栄養)の吸収を行う細胞極性細胞のひとつ。吸収上皮細胞とも。*1

約1日で新しく生まれ変わる。剥がれ落ちた小腸上皮細胞は便に含まれて排出される。細胞の表面は微絨毛で覆われている。*2

小腸吸収上皮細胞極性細胞として知られており、頂端面(apical)と側底面(basolateral)という組成や機能の異なる2つの膜領域を持つ。この細胞極性の破綻は様々な疾患を引き起こす原因となるが、その疾患の1つに微絨毛萎縮症?と呼ばれる難治性疾患がある。*3

*1中村学園大学・解剖, 大学院・栄養科学研究科 小腸吸収上皮細胞の消化と吸収機構: https://www.jstage.jst.go.jp/article/kenbikyo1950/36/1/36_1_9/_article/-char/ja/
*2西東社 カラー図解 栄養学の基本がわかる事典 川島由起子(2013/4/4): https://amzn.to/2tzGwYt
*3Rab11a は小腸において apical 膜タンパク質の局在を制御する 阪大・院医・細胞生物, 阪大・院医・機能診断科学: http://www.kobepharma-u.ac.jp/biochem/jbsk2016/downloads/A01_D24abstracts.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


小腸上皮細胞に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-02-20 (水) 07:58:46