尿素回路(urea cycle)

哺乳類の細胞アミノ酸を分解するときに生じる有毒なアンモニア尿素に変えて無毒化する代謝反応の経路。この経路によってアンモニア1分子から尿素1分子が生成される。オルニチン回路とも呼ばれる。*1*2

主に肝臓肝細胞ミトコンドリア)で行われる。反応の大部分は細胞質内で行われるが、一部はミトコンドリア内で行われる。*3*4

アミノ酸を元にした糖新生では尿素回路との連携が必要。*5

尿素回路の反応

  1. アンモニアと2分子ATP二酸化炭素(HCO3-)から、カルバモイルリン酸が生成される
  2. カルバモイルリン酸オルニチンが反応し、シトルリンが生成してリン酸が遊離する
  3. シトルリンアスパラギン酸ATPを使ってアルギニノコハク酸になる
  4. アルギニノコハク酸からフマル酸が遊離し、アルギニンが生成される
  5. アルギニンと水が反応して尿素を遊離し、オルニチンが生成される

最終的に生成されたオルニチンは再び尿素回路のカルバモイルリン酸との反応で利用される。

反応全体では、1分子アンモニア二酸化炭素アスパラギン酸、3分子ATPを消費して1分子尿素を生み出す。尿素回路で生成された尿素が持つアミノ基は、1つがアンモニア由来、もう1つがアスパラギン酸由来である。

*1尿素回路: http://www.sc.fukuoka-u.ac.jp/~bc1/Biochem/ureacycl.htm
*2西東社 カラー図解 栄養学の基本がわかる事典 川島由起子(2013/4/4): https://amzn.to/2tzGwYt
*3信州大学医学部 アミノ酸の代謝: http://zen.shinshu-u.ac.jp/modules/0052004004/main/main.pdf
*4秀和システム 生化学若い研究者の会 これだけ!生化学
*5福岡大学 理学部 機能生物科学研究室 糖新生: http://www.sc.fukuoka-u.ac.jp/~bc1/Biochem/gluconeo.htm

尿素回路に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-02-24 (日) 09:13:00