健康用語WEB事典

川崎病(Kawasaki disease)

中血管炎のひとつ。全身の動脈に起こるが、特に冠動脈に起こる。1967年に川崎富作によって報告された。4歳以下の乳幼児に見られる。1歳前後に好発する。皮膚粘膜リンパ節症候群MCLS)とも。*1*2*3*4

主な症状は5日以上続く発熱眼球結膜)の充血発赤苺舌リンパ節腫れ発疹発赤腫れ硬性浮腫先の皮膚が剥ける膜様落屑など。BCG注射箇所が赤く腫れ上がる。

の赤みは非常に強い。頚部リンパ節腫れ化膿性の頚部リンパ節炎に似ている。

冠動脈動脈瘤が形成されると狭心症心筋梗塞の原因となり得る。

治療には免疫グロブリンIVIG)やプレドニゾロンメチルプレドニゾロン)が用いられる。*5

*1川崎病心臓血管後遺症の診断と治療に関するガイドライン(2013年改訂版): https://h.kawasaki-m.ac.jp/dept/document/016/guidelines_kawasaki-2.pdf
*2よくあるご質問・川崎病編|東邦大学医療センター大橋病院 小児科: https://www.lab.toho-u.ac.jp/med/ohashi/ped/patient/common_question_04.html#q1_1
*3関西医科大学附属男山病院小児科部長 荻野廣太郎 川崎病ってどんな病気?: http://www2.kmu.ac.jp/openSeminar/open09/02ogino.html
*4川崎病 | 国立成育医療研究センター: https://www.ncchd.go.jp/hospital/sickness/children/030.html
*5日本小児循環器学会研究委員会研究課題「川崎病急性期治療のガイドライン」(平成 24 年改訂版): https://h.kawasaki-m.ac.jp/dept/document/016/guidelines_kawasaki.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


川崎病に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-05-06 (水) 08:45:44