健康用語WEB事典

巨核球(megakaryocyte)

骨髄に存在する、直径30〜100μmの球状の細胞巨核芽球から分化してできる。表面に不規則な突起を持ち、その突起から血小板が産生される。

巨核球血小板への分化にはトロンボポエチンが必要。成熟には約5日かかる。*1

再生不良性貧血急性白血病で減少し、本態性血小板血症で増加する。*2

*1近畿大学医学部附属病院 一次止血異常による出血性疾患 von Willebrand病と先天性血小板機能異常症: http://www.med.kindai.ac.jp/transfusion/ketsuekigakuwomanabou-19.pdf
*2技術評論社 奈良信雄 知りたいサイエンス とっても気になる血液の科学(2010/1/5)

ご意見・ご要望をお聞かせください。


巨核球に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-06-15 (金) 09:50:30