健康用語WEB事典

巨核芽球(megakaryoblast)

骨髄造血幹細胞から分化してできる、血小板前駆体となる巨核球前駆体*1

わが国の教料書,成書の一般的な巨核芽球の判定準では,直径15~50マイクロメートルの大型細胞で,の倍数性は4N~32N相当,の形は不整形、クロマチンは豊富でやや太く,緻密な繊維状構造.1~数個ある核小体は,あまり立たない.細胞質塩基好性が強く,アズール顆粒は認められない.*2

タグ: 骨髄 造血幹細胞 血球 血小板 細胞

*1技術評論社 奈良信雄 知りたいサイエンス とっても気になる血液の科学(2010/1/5)
*2中竹俊彦(2009.10.-改定)巨核球系を解析: https://www.kyorin-u.ac.jp/univ/user/health/blood/link/m_0_003.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


巨核芽球に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2021-08-29 (日) 06:33:20