健康用語WEB事典

常染色体優性多発性嚢胞腎(autosomal dominant polycystic kidney disease : ADPKD)

常染色体優性遺伝疾患である多発性嚢胞腎。両側の腎臓に多数の嚢胞が発生し、それらが増大して腎臓以外の種々の臓器にも障害が生じる恐れがある。20~40歳まで無症状のことが多い。*1

原因遺伝子PKD1PKD2の2つが知られている。頻度の高い自覚症状として肉眼で確認できる血尿、側腹部背部痛みがある。*2

トルバプタン嚢胞の拡大を抑制し、機能を保護する治療薬として承認されている。

*1多発性嚢胞腎ADPKDに対するトルバプタン(サムスカ)治療について |大阪医科大学 腎泌尿器外科: https://www.osaka-med.ac.jp/deps/uro/html/special/special11.html
*2多発性嚢胞腎(指定難病67) – 難病情報センター: https://www.nanbyou.or.jp/entry/295

ご意見・ご要望をお聞かせください。


常染色体優性多発性嚢胞腎に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-03-24 (火) 08:42:26