平滑筋細胞(smooth muscle cell)

腸管血管平滑筋を構成する細胞血管の平滑筋細胞の細胞間基質腸管のそれよりも豊富で、線維成分も多い。*1

血管の平滑筋細胞は、動脈硬化に伴い、収縮型(収縮タンパク質に富み、合成能が低い)から、合成型(収縮タンパク質発現が低く、合成能が高い)に形質変換する。*2

動脈硬化では、この形質転換を起こした平滑筋細胞が血管内腔へ遊走および増殖して狭窄を引き起すと考えられている。*3

*1KAKEN — 研究課題をさがす | 血管及び腸管平滑筋の構造と機能に関する比較電子顕微鏡的研究 (KAKENHI-PROJECT-60480099): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-60480099/
*2KAKEN — 研究課題をさがす | 血管平滑筋細胞のアポトーシス、分化制御の分子メカニズム:Junキナーゼ(JNK)の役割 (KAKENHI-PROJECT-12670673): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-12670673/
*3心筋梗塞、狭心症、脳血管障害、内頸動脈閉塞症などの重篤な虚血性循環機疾患は、日本人の3大死因に挙げられるほど非常に発症数の多い疾患です: http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/nbiochem/www/smc.htm

平滑筋細胞に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-02-18 (月) 10:32:12