健康用語WEB事典

幹細胞(stem cell)

自己の複製や自己以外の様々な種類の細胞分化できる細胞の総称。

幹細胞の「幹」は木の幹を意味する。幹細胞が持つ様々な種類の細胞を派生して生み出す性質を、木が幹を中心として枝や葉を伸ばす性質に例えたもの。*1

幹細胞は,自己以外の種類の細胞分化する能力(分化能)と,細胞分裂をへて自己と同一の分化能をもつ娘細胞を生み出す能力(自己複製能)とをあわせもつ細胞として定義される.このうち,分化能として多能性をもつ細胞多能性幹細胞とよぶ.*2

通常、幹細胞が体細胞分化すると元の幹細胞に戻ることはできないが、iPS細胞はそれが可能である。

対称分裂非対称分裂のどちらも行う。

幹細胞は幹細胞を2個生み出す対称分裂、幹細胞と分化した前駆細胞を1個ずつ生み出す非対称分裂、さらに2個の前駆細胞を生み出す対称分裂を行います。これらの細胞分裂パターンの制御は、組織中の幹細胞の数をコントロールする上で極めて重要です。*3

*1第3回 iPS細胞誕生の背景-2 生物の体はなぜ再生できるのか? - iPS細胞物語 : iPS細胞とは? | iPS Trend: http://www.jst.go.jp/ips-trend/about/story/no03.html
*2理化学研究所発生・再生科学総合研究センター 多能性幹細胞研究プロジェクト 幹細胞の多能性を規定する分子機構 丹羽仁史: http://leading.lifesciencedb.jp/wordpress/wp-content/uploads/2012/12/Niwa-1.e008-PDF.pdf
*3研究内容 | 九州大学大学院医学研究院 幹細胞再生修復医学分野: https://scr.wp.med.kyushu-u.ac.jp/research/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


幹細胞に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




このページの最終更新日時: 2019-05-13 (月) 10:45:10