広東住血線虫(Angiostongylus cantonensis)

寄生虫のひとつ。成虫は体長20mm程度。終宿主はネズミで、ドブネズミやクマネズミなどの心臓からにいく血管に寄生する。*1

カタツムリやナメクジ、タニシ、カエルなどの中間宿主や、それらが触れた食材を摂取することで人間の体内に入り様々な症状を引き起こす。*2*3

広東住血線虫(Angiostongylus cantonensis)は太平洋の島々,東南アジアに広く分布するネズミ類の寄生虫である.陸産軟体動物(マイマイ・ナメクジ)が中間宿主となり,人が誤って本線虫が寄生した中間宿主を摂取すると,幼若成虫がクモ膜下腔?などに寄生し好酸球性髄膜脳炎?を起こし,まれではあるが死に至ることもある.*4

*1愛知県公式Webサイト 広東住血線虫: http://www.pref.aichi.jp/eiseiken/5f/kanton.html
*2軟体動物からの広東住血線虫の游出について - 沖縄県: http://www.pref.okinawa.jp/site/hoken/eiken/syoho/documents/s10_45-48.pdf
*3CiNii 論文 -  広東住血線虫の兄島における分布: http://ci.nii.ac.jp/naid/110007146558
*4与論島における広東住血線虫の調査: http://ir.kagoshima-u.ac.jp/bitstream/10232/10138/1/AN1013531X_v42_p62-66.pdf

広東住血線虫に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:09:30