弛緩性便秘(atomic constipation)

が弛んで便意便を送り出す力が弱まること(腹圧の低下)で起こる便秘腹筋が弱い女性や高齢者に多い。*1

老化による平滑筋運動や緊張の低下、脊髄障害、内分泌疾患(糖尿病甲状腺機能低下)などが原因となる。下剤の過剰使用で起こる場合がある。*2

結腸蠕動緊張が低下し、内容の輸送が遅延するために起こる。太くて硬い便となり、便意に乏しく、排便後の残遺感も伴わない。*3

*1東京学芸大学 保健管理センター 便秘について: http://www.u-gakugei.ac.jp/~hokekan/d-benpi.html
*2岡山医学会雑誌 薬物相互作用(13―下剤の薬物相互作用)横張英子 岡崎昌利 千堂年昭 岡山大学医学部・歯学部附属病院 薬剤部: https://www.jstage.jst.go.jp/article/joma/120/2/120_2_223/_pdf
*3金沢医科大学 消化器内科のページ 便秘: http://www.kanazawa-med.ac.jp/~hiromu/new_page_2-3-7.htm

弛緩性便秘に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-11-30 (金) 13:03:45