後期エンドソーム(late endosome)

多胞性エンドソーム多胞体)となりエクソソーム分泌するエンドソーム初期エンドソームから形成される。

エンドサイトーシスにより形成したエンドソームは、まず初期エンドソームを形成し、続いて後期エンドソームへと移行する。この後期エンドソームがさらに内側にくびれて形成する腔内膜小胞ILV, intraluminal membrane vesicle)を多数含む多胞性エンドソームMVB, multivesicular body)が細胞膜と融合すると、ILV細胞外へ放出される。このような機構で分泌される直径が 30~200nm の小胞エクソソームと呼ばれている。*1

*1細胞外ベシクルの構造特性と機能制御: https://www.jstage.jst.go.jp/article/dds/29/2/29_108/_pdf

後期エンドソームに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:09:32