健康用語WEB事典

微小変化型ネフロ-ゼ症候群(minimal change nephrotic syndrome)

糸球体に病変が見られないにも関わらず起こるネフローゼ症候群電子顕微鏡?レベルでは糸球体基底膜に損傷が見られる。*1

急激に下肢浮腫むくみ)が現れ、一週間で5kg程度の浮腫が現れることもある。*2

小児ネフローゼ症候群の80%以上、成人のネフローゼ症候群の30%以上を占める。*3

ステロイドの投与が有効であるが、再発を繰り返すことがある。

T細胞の機能異常や高IgE症候群、一種のアレルギー反応の関与などが指摘されているが、原因は明らかになっていない。*4

*1微小糸球体変化(微小変化型ネフローゼ症候群)|東邦大学医療センター大森病院 腎センター: https://www.lab.toho-u.ac.jp/med/omori/neph/patient/disease/disease_7.html
*2腎臓病の情報 北里大学病院 腎臓内科: http://www.khp.kitasato-u.ac.jp/SKA/nephrology/kidney/index.html
*3腎臓病の種類と原因:慢性腎炎の病像:大阪府立急性期総合医療センター腎臓高血圧内科: http://plaza.umin.ac.jp/~kidney/genpatsusei-manseijinen.html
*4熊本大学医学部附属病院 血液・膠原病・感染症内科 微小変化型ネフローゼ症候群: http://www2.kuh.kumamoto-u.ac.jp/sannaika/jinqa14c.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


微小変化型ネフロ-ゼ症候群に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




このページの最終更新日時: 2018-06-14 (木) 10:13:50