心房性ナトリウム利尿ペプチド(atrial natriuretic peptide : ANP)

主に心房発現するナトリウム利尿ペプチド。28個のアミノ酸で構成される。初めて心臓から分泌されるホルモンとして発見された。ヒトのANPカルペリチドと呼ばれる。*1*2

脳性ナトリウム利尿ペプチドと似た作用を有する。

*1KAKEN — 研究課題をさがす | ナトリウム利尿ペプチドとエンドセリンの臨床的意義に関する分子生物学的研究 (KAKENHI-PROJECT-04454560): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-04454560/
*2心房性ナトリウム利尿ペプチド(ANP)、その多彩な生理作用と臨床応用 アスビオファーマ株式会社 創薬評価研究部 創薬評価研究部 グループ長 古谷真優美: http://www.sugitani.u-toyama.ac.jp/sangaku/forum/forum/souyaku27/2.furuya.pdf

心房性ナトリウム利尿ペプチドに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-05-06 (月) 14:13:31