心筋(myocardium)

心臓筋肉横紋筋に分類される。意志で動かすことのできない不随意筋*1

心筋は横紋を有する不随意筋です。横紋を有する点は骨格筋に、不随意の点は平滑筋に類似し、骨格筋平滑筋の中間に位置する筋肉であると言われています。各細胞が分岐して相互に網状につながっている点が特徴で、これらのつながり部分を介在板(intercalated disk)といいます。*2

約1秒に1回の頻度で発生する活動電位心臓全体に伝わり、心筋細胞の中のカルシウムイオンの濃度が瞬時に高まり心筋細胞が収縮することで、心臓が拍動し、血液が送り出される。

心臓拍動の頻度や力の強さは自律神経によって調整される。*3

*1香川大学 医学部・医学系研究科 筋組織: http://www.kms.ac.jp/~anatomy2/Histology11.pdf
*2東邦大学 薬学部薬物学教室 田中光 行方衣由紀 濵口正悟 心筋 バーチャルラボラトリ: http://www.mnc.toho-u.ac.jp/v-lab/shinkin/ion/ion-1-1.html
*3東邦大学 心筋-バーチャルラボラトリ: http://www.mnc.toho-u.ac.jp/v-lab/shinkin/

心筋に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-01-08 (月) 14:56:45