急性副鼻腔炎(acute sinusitis)

罹病期間が4週以内の副鼻腔炎

主な症状は鼻閉鼻漏後鼻漏頭痛、顔面痛、など。主にウイルスによる感染が原因となる。

発症はライノウイルスインフルエンザウイルスパラインフルエンザウイルスアデノウイルスなどによるウイルス感染であり,洞内の粘膜炎症が起こり,粘膜浮腫,それに伴う自然口の閉塞,粘膜線毛輸送機能低下による分泌物の排出低下,排出低下による貯留,pH の低下と低酸素状態,酸化ストレスが加わって,細菌感染ないしはその増殖が起こりやすくなる.*1

急性副鼻腔炎が治らずに慢性化した副鼻腔炎慢性副鼻腔炎と呼ばれる。*2

*1「第115回日本耳鼻咽喉科学会総会臨床セミナー」好酸球性副鼻腔炎 : 診断ガイドライン(JESREC Study): https://www.jstage.jst.go.jp/article/jibiinkoka/118/6/118_728/_pdf
*2副鼻腔炎の症状、手術 | 細田耳鼻科: http://www.hosoda-cl.com/%E9%BC%BB%E3%81%AE%E7%97%85%E6%B0%97%E3%83%BB%E6%B2%BB%E7%99%82/%E5%89%AF%E9%BC%BB%E8%85%94%E7%82%8E/

急性副鼻腔炎に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-02-10 (土) 10:00:17