急性呼吸窮迫症候群(acute respiratory distress syndrome : ARDS)

敗血症肺炎誤嚥、有毒物質の吸入、溺水、薬剤性、多発外傷などが原因となる急性の呼吸困難成人呼吸促迫症候群とも呼ばれた。急性呼吸促迫症候群とも。

心不全腎不全血管水分過剰のみでは原因が説明できない肺水腫胸部X線で左右の浸潤影が確認される。人工呼吸器の装着が必須であり、死亡率が約40%と高い。*1*2

好中球主体の急性炎症が惹起され、肺胞上皮細胞、微小血管内皮細胞が傷害されて微小血管透過性が亢進し、肺水腫を発症する。

自覚症状咳嗽発熱呼吸困難、疲労感などであり、特徴的なものはない。低酸素血症が起こる。

損傷が軽度であるものを急性肺損傷ALI)と呼ぶ。

*1重篤副作用疾患別対応マニュアル 急性肺損傷・急性呼吸窮迫症候群(急性呼吸促迫症候群)(成人型呼吸窮迫症候群(成人型呼吸促迫症候群)) 平成18年10月 厚生労働省: https://www.mhlw.go.jp/shingi/2006/10/dl/s1019-4d4.pdf
*2急性肺損傷(ALI),急性呼吸促迫症候群(ARDS)の病態と診療 藤島清太郎: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjaam/21/10/21_10_819/_pdf

急性呼吸窮迫症候群に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-05-09 (木) 17:57:09