急性嘔吐(acute emesis)

抗がん剤の投与後24時間以内に起こる嘔吐抗がん剤の影響を受けた腸クロム親和性細胞によって分泌されたセロトニン5-HT3受容体を刺激することが原因とされる。*1

*1つくばリポジトリ 新規タキキニンNK[1]受容体拮抗薬T-2328の抗嘔吐作用に関する生理薬理学的研究: https://tsukuba.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=21220&item_no=1&page_id=13&block_id=83

急性嘔吐に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-02-15 (金) 12:59:58