急性小児片麻痺(acute childhood hemiplegia)

乳幼児脳卒中のような症状が起こる疾患。発熱感染を契機とした神経細胞障害とそれに伴う細胞性浮腫が病態。狭義には脳血管障害などを除外した後の原因の明らかでないものを指す。*1

発熱などの感染による症状が見られた後、多くは痙攣が先行して意識障害とともに片麻痺を来す。軽症であれば麻痺は改善する。

*1小児によく見られる脳卒中:特徴と原因疾患 菱川朋人 伊達勲: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jstroke/36/2/36_96/_article/-char/ja/

急性小児片麻痺に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-06-05 (水) 08:32:32