急性期タンパク質(acute phase protein : APP)

急性相タンパク質急性相反応タンパク質とも呼ばれる。

感染組織の損傷などによって、主に肝臓から血液中に放出される量が増加するタンパク質の総称。*1*2

生体に侵入してくる異物の刺激によって2~3日で血清に増加する。*3

急性期タンパク質の種類*4

*1急性期タンパク質とは - コトバンク: https://kotobank.jp/word/%E6%80%A5%E6%80%A7%E6%9C%9F%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%91%E3%82%AF%E8%B3%AA-764062
*2急性期タンパク質 - 薬学用語解説 - 日本薬学会: http://www.pharm.or.jp/dictionary/wiki.cgi?%E6%80%A5%E6%80%A7%E6%9C%9F%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%91%E3%82%AF%E8%B3%AA
*3急性期蛋白と炎症: 臨床検査: Vol 32, No 2: http://medicalfinder.jp/doi/abs/10.11477/mf.1542913576
*4炎症性疾患に対する IL-6 阻害療法:現状と今後の展開 田中敏郎: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsci/38/6/38_433/_pdf

急性期タンパク質に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-05-15 (水) 09:55:43