健康用語WEB事典

急性胃炎(acute gastritis)

急性の胃炎外因性および内因性の刺激によってびらん潰瘍、出などを伴い急激に発症する。発症原因が消失すると短期間で治癒する。*1

前庭部と胃体部粘膜多形核細胞?炎症によって特徴付けられる。急性のびらんは損傷から早くて12時間後に起こる。*2

症状は急激な上腹部痛、悪心で発症し、時に嘔吐吐血を伴う。薬剤副作用として起こる急性胃炎は、非ステロイド系抗炎症薬NSAIDs)によるものが多い。

タグ: 胃炎 急性

*1急性胃炎、急性胃粘膜病変 千葉俊美: https://iwatemed.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=8905&item_no=1&page_id=119&block_id=139
*2大阪大学 大学院医学系研究科保健学専攻 放射線技術科学研究室(RT研) 胃炎と消化性潰瘍: http://sahswww.med.osaka-u.ac.jp/~rtlab/ugi/ien.htm

ご意見・ご要望をお聞かせください。


急性胃炎に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-10-06 (火) 08:19:24