健康用語WEB事典

悪性貧血(pernicious anemia)

巨赤芽球性貧血のうち、内因子に対する自己抗体によるビタミンB12の吸収阻害の結果としてのビタミンB12欠乏が原因となるもの。年間発症率は人口10万人に対して1~5人。女性にやや多い。*1*2*3

悪性貧血は,自己免疫性(抗胃内因子抗体,抗胃壁細胞抗体等による)の萎縮性胃炎により,吸収障害性ビタミンB12の欠乏が引き起こされる疾患である.DNAの障害より,無効造血巨赤芽球の産生が起こり,大球性貧血を示すようになる.*4

症状は頭痛めまい動悸息切れ疲労感眼瞼結膜蒼白、舌炎舌乳頭萎縮(ハンター舌炎)、無酸症白髪四肢末梢の痺れ歩行障害など。治療はビタミンB12の補充。*5

他の自己免疫疾患慢性甲状腺炎インスリン依存性糖尿病アジソン病など)を合併する場合がある。

*1技術評論社 奈良信雄 知りたいサイエンス とっても気になる血液の科学(2010/1/5)
*2巨赤芽球性貧血|東邦大学医療センター大森病院 臨床検査部: https://www.lab.toho-u.ac.jp/med/omori/kensa/column/column2015327.html
*3自己免疫性血液疾患:診断と治療の進歩 悪性貧血 廣川誠: https://www.jstage.jst.go.jp/article/naika/103/7/103_1609/_pdf
*4悪性貧血に対し,経口的ビタミンB12投与が著効した橋本病合併高齢者糖尿病の 1 例: https://www.my-pharm.ac.jp/~kishiba/casereport20141.pdf
*5金沢大学 医薬保健学域 薬学類臨床薬物情報学研究室 悪性貧血 4年 神谷まりえ: http://www.p.kanazawa-u.ac.jp/~druginfo/Pernious%20anaemia.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


悪性貧血に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-02-06 (水) 21:00:31